フラーレン毒性

フラーレンに毒性はあるのか?

最近は肌のエイジングに気をつけている方が増えています、その分エイジングに効果のある新しい成分がどんどん見つかってきています、フラーレンもその1つで今注目されている成分です。

 

これまでもコラーゲンやプラセンタといった成分が見つかってきていましたが、新しい成分フラーレンは効能がとても高く、今美容業界からの注目度も最高潮です。

 

エイジングに欠かせないのが抗酸化作用です、もちろんフラーレンにも抗酸化成分があり、その抗酸化作用はビタミンCのなんと125倍という抗酸化作用を持っています。

 

肌の代謝が悪くなるとどうしても細胞が酸化してしまいます、アンチエイジングには代謝力を上げて新しい細胞を作っていくことが重要です、フラーレンは肌の酸化を防ぐことができるため細胞死を減らしてくれます、そのために細胞分裂の回数の限界を超えてターンオーバーすることができます。

 

新しい成分が出るとやはり心配なのが毒性があるのかどうか、副作用はないのかといった点ですが、フラーレンには毒性はなしです、フラーレンはそもそも炭素原子のみで構成されているサッカーボールのような形状になっています、炭素自体は人体を構成する必須の元素になっています、その構造からもフラーレンは安全性が高いと言われています。

 

国内外でも様々ん実験が行われています、その実験ではフラーレンにあからさまな毒性は認められていませんので安心して使える成分です。

 

化粧品として販売されてからもクレームが0件ということからもフラーレンがいかに安全かお分かりいただけるかと思います。

 

抗酸化作用が強く活性酸素がなくなっていくフラーレンはメラニンの生成を強力に抑制してくれるためシミもできにくいのです、さらに肌が酸化しないためターンオーバーのサイクルが乱れにくくシワの予防にもなります。

 

フラーレンを続けることによって肌が実際に変わってくることが確実に実感できると思います、やはりその効果を知るには実際に試してみることが一番です。

 

 

フラーレンコスメスキンケアおすすめ